携帯電話 乗り換え 月額料金 比較 お得

携帯電話からスマホへの乗り換えるなら、維持費はどっちが安い?

携帯電話写真

「スマートフォンにしたいけど、月額料金が高いからガラケーで我慢してる・・・・」

 

そんな話をよく聞きます。

 

一般的に、携帯電話は月額料金が安く、スマートフォンは月額料金が高いイメージがあります。

 

ですが、本当にそうなのでしょうか?各キャリアの携帯電話からスマートフォンに乗り換えた場合の料金を比較してみましょう。


携帯電話からスマートフォンへ乗り換えた場合の月額料金を徹底比較!

ドコモの場合

 

パケットを使った分だけ払うパケ・ホーダイダブルの場合と比較
携帯電話(ガラケー)

・基本使用料(タイプバリューSS)・・・980円
・iモード・・・・315円
・パケット代(パケ・ホーダイダブル)・・・390円〜4410円
(携帯向けパケットを使用した分だけ払うプラン)

 

合計 1,685円〜5,705円

パケット使い放題の定額xiパケホーダイの場合と比較
スマートフォン

・基本使用料(タイプxiにねん)・・・780円
・iモード・・・・315円
・パケット代(xiパケホーダイ)・・・5985円
(スマホ向けパケット定額使い放題プラン)

 

合計 7,080円

 

 

以上のように、携帯電話とスマートフォンの月額料金を比べると、確かに携帯電話の方が安くすみます。ただし、ドコモのパケット代は2段階方式に分かれていて、使った分だけ支払うのがパケ・ホーダイダブルのプランです。
そのため、あまりパケットを使わない人には向いてますが、パケットをたくさん使う人は使い放題で月額定額5,460円のパケ・ホーダイ フラットに加入するのが一般的です。なので、もう一度そのプランで月額料金を比較してみると・・

 

パケット使い放題の定額パケ・ホーダイ フラットの場合と比較
携帯電話(ガラケー)

・基本使用料(タイプバリューSS)・・・980円
・iモード・・・・315円
パケット代(パケ・ホーダイ フラット)・・・5,460円
(携帯向け定額でパケット使い放題プラン)

 

合計 6,755 円

パケット使い放題の定額xiパケホーダイの場合と比較
スマートフォン

・基本使用料(タイプxiにねん)・・・780円
・iモード・・・・315円
・パケット代(xiパケホーダイ)・・5985円
(スマホ向けパケット定額使い放題プラン)

 

合計 7,080円

 

 

以上、携帯電話でもスマートフォンでも月額料金に大きな差はない結果になります。

 

もちろん、この他に通話料金もかかってきます。

 

携帯電話とスマホの通話料を比べた場合、確かにスマホの通話料の方が高くなりますがパケット代に比べるとそこまで大きな差はありません。

 

また、LINEを利用したり、各キャリアのお得な通話料無料のプランを上手に利用すれば、通話料は節約できます。

 

ソフトバンクの場合

 

パケットを使った分だけ払うパケットし放題Sの場合と比較
携帯電話(ガラケー)

・基本使用料(ホワイトプラン)・・・980円
・iモード・・・・315円
・パケット代(パケットし放題S)・・・390円〜4,410円
(携帯向けパケットを使用した分だけ払うプラン)

 

合計 1,685円〜5,705円

 

パケット使い放題の定額パケットし放題フラットの場合と比較
スマートフォン

・基本使用料(ホワイトプラン)・・・980円
・iモード・・・・315円
・パケット代(パケットし放題フラットforスマートフォン)・・・5,460円
(スマホ向けパケット定額使い放題プラン)

 

合計 6,755円

 

 

以上のように、携帯電話とスマートフォンの月額料金を比べると、ソフトバンクも携帯電話の方が安くすみます。
ドコモと同じように、パケットを使った分だけ支払う「パケットし放題S」ではなく、使い放題の「パケットし放題フラット」で比較してみると・・

 

パケットを使った分だけ払うパケットし放題フラットの場合と比較
携帯電話(ガラケー)

・基本使用料(ホワイトプラン)・・・980円
・iモード・・・・315円
・パケット代(パケットし放題フラット)・・・4,410円
(携帯向けパケットを使い放題定額プラン)

 

合計 5,705円

 

パケット使い放題の定額パケットし放題フラットの場合と比較
スマートフォン

・基本使用料(ホワイトプラン)・・・980円
・iモード・・・・315円
・パケット代(パケットし放題フラットforスマートフォン)・・・5,460円
(スマホ向けパケット定額使い放題プラン)

 

合計 6,755円

 

以上、ドコモに比べると携帯電話とスマートフォンでは、1,000円近く月額料金に差が出てきます。

 

ただ、全体的な料金としては、携帯電話料金もスマホ料金もドコモと比べると安いです。

 

また、この他に通話料金もかかってきますが、ソフトバンク同士の通話料は深夜1時から21時まで無料です。そのため、通話料もドコモより節約できます。

【結果】 携帯電話とスマホ 月額料金がどちらが安くてお得か?

携帯電話写真

以上のことから、携帯電話でパケット代をあまり使ってない人に限り、スマホより携帯電話の方が月額費用は安く抑えられます。

 

「携帯電話は、通話とメールができれば十分!」と言う人は、今まで通り携帯電話を使い続けた方がお得でしょう。

 

ただし、携帯電話でパケット使い放題プランに入っている人は、スマホに乗り換えても月額料金に大きな差はないでしょう。

 

 

また、よく通話する人が「LINE」を使ってるケースでは、その分が無料通話になるため、結果的にスマートフォンにしたほうが月額料金が安くなるケースもあります。

 

(※「LINE」はガラケーでも使用可能ですが、スマホのような便利は機能は使えません。また、結局パケット定額に入らないと高額請求になるので同じです。)